「コレ買う!」と思わず衝動買いした こだわりモノ&変なモノ?だらけの散財日記です。


by G-130

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

外部リンク

検索

以前の記事

画像一覧

ファン

ブログジャンル

タグ:Game ( 11 ) タグの人気記事   

最近ツイッターばっかり楽しんでいて更新がおざなりに…。
一つの事にハマると他の管理が出来なくなる性格は我ながら情けない〜(ー ー;)

さて、またもやレトロでアナログライクなウォーターゲームをご紹介♪
「Tomy Water Game Pac-Man」
a0164160_20385963.jpg

黄色く丸いピザカットなキャラクター、カラフルなモンスター、ドットが並んだ迷路。
誰もが一度はプレイした事があるor見た事あるハズの超メジャーなゲームキャラクター「パックマン」アーケードゲームはまだまだ敷居が高かった小学生の頃、唯一お家で遊べるパックマンはLSIゲームぐらいのもので、セレブな友人宅に転がり込んでは1日中遊んでおりました(^^;)

当時から「パックマン」のキャラクターをモチーフにしたオモチャやグッズ類を相当見てきたように思っておりましたが、最近になってトミーお得意のウォーターゲームでも「パックマン」がリリースされている事を知り、慌ててコレカウサーチ(衝動買い検索)してきました。

パックマンの表情も楽しげでイイですね! モンスターもうまくディフォルメされていて素晴らしい。
a0164160_20394128.jpg

チェリーもイイ感じ♪
a0164160_20395666.jpg

パックマンから左に伸びた腕?が不思議だったのですが、先の丸い部分で水流を受ける事により口が開く仕掛けになっているようです。

ボタンを押してモンスターやらフルーツを食べまくるパックマン♪
アナログ感と相まってとても可愛いですo(*゚▽゚*)o
a0164160_20402658.gif
最近はTVゲームで遊ぶ事は殆ど無くなりましたが、ゲーム関連のグッズはついつい気になってしまいます。

そうしたゲームグッズが気になる方に是非オススメしたいのが、当時の懐かしく珍しいゲームグッズを多数紹介されている「レトロゲームグッズコレクション」さまのホームページ。

アーケードゲームを中心にチラシからPOPにステッカー、バッジにキーホルダー、ぬいぐるみに日用品等々…。
懐かしいモノからナニコレ!?なモノまで幅広〜く紹介されていて、眺めているだけでシアワセな気分に浸れて本当に楽しめますよ〜♪
a0164160_204236100.jpg

[PR]
by G-130 | 2014-04-12 21:08 | others
一度ハマると抜け出せないぐらいトンがったレトロ&ドットなゲームをリリースしているcaptain-gamesさんの新作ゲーム「No Brakes Valet」を購入したので早速プレイ!

毎回買って良かったんやろか?と不安になってしまうグデグデなタイトル画…。
このテイストが魅力ではあるのですが(^^;)
a0164160_1022280.jpg
「No Brakes Valet」というタイトルからはいまいちピン!とこないのですが、メインゲーム画面は真上から見た駐車場になっていて、クラクションを鳴らしながら猛スピードで走り込んでくる車をブレーキとハンドルをコントロールして駐車スペースに止めていくというモノ。

駐車するだけの非常にシンプルなゲームなのですが、
この車には「アクセルが無い!」という致命的な問題が(笑)
アクセルが無いという事は加速も出来ないし、当然バックで切返しも出来ません。画面外から突っ込んでくる車をブレーキで減速させつつ、ひたすらハンドルだけでキレイに車庫入れするとチップが貰えるというトンデもルールなのです。(ブレーキが全く使えない車もあったりハラハラさせられます)
a0164160_10243369.jpg

最初は車のコントロールに慣れず、全くゲームにならなかったのですが何度かプレイすると自然と慣れてきます。画面下の2つの入り口からランダムに車が入ってくるのですが、画面一番奥から駐車していくのが良いようです。あとは「運しだい」ですね。
a0164160_1025141.jpg

駐車の仕方も結構シビアで枠に対して斜めだったりはみ出していると減点になったり、VIPカー用の駐車スペースや駐車禁止のスペースもあったりと瞬時の判断力が試されます。
a0164160_10251075.jpg

車の種類もなかなか曲者ぞろいで、小回りのきく軽自動車から安定したハンドリングの乗用車。ハンドルの軽いスポーツカー、ボートを牽引したレジャーカーや燃料を積んだタンカー。ゲーセンの電気ゴーカート?やニワトリ運搬車(ニワトリ一羽づつにアタリ判定があって厄介)
車を追い回すトナカイ???等々…味のあるドット画は眺めているだけで楽しい。
a0164160_10254797.jpg

ゲーム初めは駐車スペースも多くてラクラクなんですが、後半になるにつれスペースが少なくなり精度の高いブレーキ&ハンドルさばきが要求されます。
あと数台で終了という時にブレーキの効かないタンカーなんぞ出てきた時にはオロオロしてまいます。
避けきれず爆発=周辺の車も巻き込んでズレまくり(泣)
a0164160_10253778.jpg

一度ペースが狂うとスクラップヤードのように…(汗;)
a0164160_1027239.jpg

ゲーム画面もあり得ないぐらい傾いたりともうメチャクチャ…。
a0164160_10273396.jpg

でも、運が良ければコレぐらいビシッ!とキマる事も
a0164160_1027636.jpg

以前ご紹介したトンデモスポーツ選手権もそうですが、やればやるほど上達している(その気になる)ゲームバランスは流石です。

絶妙なゲームバランスにレトロなドット画、あり得ない演出等々…。
かなり中毒性が高く最高にイカれたイカしたゲームをリリースしているcaptain-gamesさんはコレからも目が離せません〜(^^b)
[PR]
by g-130 | 2014-01-26 10:42 | game
今日から仕事初めでしたが、休みが続くと中々エンジンがかかりません。
年賀状の整理〜仕事の手配など事務作業で1日終っちゃった感じイカンなぁ…。

こんな時はブログ書いてモチベーションアゲて明日から頑張ろう!
ウンそれがエエ!(笑)という事で新しいアイテムをご紹介♪

FalloutやElder ScrollsシリーズでおなじみのBethesdaソフトウエアのオンラインストアThe Bethesda Storeで注文していたVault Boyのボブルヘッドが届いたので開けてみる。
a0164160_1981239.jpg
ゲーム内でのボブルヘッドと同じくスキル毎にポーズが違うあたり、コレクション性の高い非常にキケンなアイテムと言えそうです。

Lock Pickのボックスアート。
Falloutの世界を感じさせる擦れ&汚れっぷりがイイですね!
a0164160_1910131.jpg

ENERGY WEAPONS と PERCEPTION
a0164160_19112124.jpg

Strength と Melee Weapons
a0164160_19113547.jpg

Repair と Endurance
a0164160_19114926.jpg

今回の7種類はシリーズ1らしいので、もしかするとシリーズ2、3と続くのかも??
あまりリリースされると集めるのが大変なのでホドホドにして頂きたいところですが、並べるとカッコエエ感じなので、つい集めてしまいそう(汗;)
a0164160_19115441.jpg
a0164160_1912931.jpg

送料をかけるついでに同時注文したTシャツ…。
青い…青すぎる…。というかオッサンにはちょっと派手過ぎたので、パジャマにしましょうかねぇ(^^;)
a0164160_19115428.jpg

[PR]
by G-130 | 2014-01-06 19:20 | Figure
長年TVゲームにハマりっぱなしだったワタクシが、TVゲームのやり納めに選んだゲーム「Fallout 3」

さんざんハマって遊んだ後、ゲーム本体もソフトも全部処分してFalloutを超えるゲームが出るまでは、TVゲームはおしまい!と誓ったものの、どうしても関連グッズが気になってしまい…コレカウ。
a0164160_18142448.jpg

4つのタイヤがくっついた長い板…。
a0164160_18145141.jpg
Falloutの看板キャラクターVault Boyをイメージした「ロングボード」です。

スピードに乗って坂道を滑走するカッコエエあの「ロングボード」です。

インドア派のワタクシは全く使わないんじゃ…と心配な「ロングボード」です。

コレ、Bethesdaソフト・ワークスのオフィシャルストアで販売されているモノなのですが、Vault Boyのグラフィックにズギュン!とヤラレてしまいどうしても現物見たさに…ポチッと(汗;)
a0164160_1815058.jpg
色んなシチュエーションのVault Boyがギッシリ描かれていてイイ感じ!

ステキなグラフィックだけでなく、ボード自体もかなりシッカリ作られています。(コロラド州デンバーにあるNever Summer Industriesというボードメーカーが作っているそうです)
a0164160_1816371.jpg
滅多に買わないスポーツアイテムなので、ロングボードとして使ってみたい(やってみたい)気もしますが…スケートボードで遊んだのは…数十年前なのでちょっと大変かも…。

坂道をビビりながらギッコンバッタンと「右往左往しているオッサン」がハッキリ見えた気がします。

「乗る板」は相当キビシそうなので「飾る板」として楽しみましょうかねぇ。
[PR]
by g-130 | 2013-08-25 22:38 | others
先日ebayで購入した板っ切れが届いたので、シゴトの合間に開けてみました。

薄汚れたアクリル板に描かれた戦闘機とSKY SOLDIERSのロゴ…。
a0164160_21521429.jpg
コレ、昔のアーケードゲーム筐体の上に装着されていた看板なのですが、離れたところからでも目を引くよう行灯になっていて半透過のアクリルに印刷されたビジュアルが浮かび上がるというモノ。

このSKY SOLDIERS(1988年 Romstar製)も個人的にかなり思い入れの強いゲームでして、日本では新日本企画(SNKですね)からリリースされていて、当時通っていた駄菓子屋さんの店先で、狂ったようにプレイしておりました。
時を同じくして、遠くアメリカのどこかのゲームセンターで稼働していた筐体に装着されていたであろう看板が今回のモノです。

しっかしこの看板…古いものなので仕方ないのですが、テープの剥がし後やタバコのヤニなど相当年季の入った汚れっぷり…。

こんな時はコレ!「強力粘着剤はがし」を使ってみる。
a0164160_21524549.jpg
汚れている箇所に直接スプレーして少々放置。
a0164160_2153514.jpg
付属のヘラでこすると……おおぉ!いい感じに汚れが溶け出してきました。
a0164160_21531964.jpg
相手材がアクリルなので、溶剤の影響を受けないよう常に雑巾で拭き取りつつ作業します。
a0164160_21544516.jpg
a0164160_21545960.jpg
メンテナンス会社と思われるコール番号が記された管理ステッカーもそのまま。
何気にCadillac MUSICってカッコエエ社名やなぁ。と思いながらコレもキレイに剥がす。
a0164160_21542462.jpg

やったー!かなりピッカピカになりました♪
a0164160_2275184.jpg
アーケードゲーム看板の多くは筐体のサイズに合わせてトリミングして使用されている事が多いのですが、今回の看板は殆どカットされていないようでビジュアル全体が残っています。
a0164160_21555639.jpg

たかがゲームの看板ですが、目立つようにロゴをでっかく配置しただけのモノもあれば、サイケな色使いのモノ、細かい描写のモノや映画モノなど様々な種類があります。
1枚の板にそのゲームのエッセンスが凝縮されていて見ているだけで楽しく単にゲームの看板というには勿体ないアート的なモノも多いです。

ゲームに明け暮れていた当時は全くそんなトコロには目もくれず、ひたすら先の面をクリアしハイスコアを目指していましたが、数十年後にゲームそのものではなく、その周辺に目が届くようになった事を考えると、少しはオトナになったかなー?などと思ってみたり…。
精神年齢が小学生ままのオッサンなので何も進化してませんが(笑)

さっき剥がしたCadillac MUSICのステッカーは何となく捨てるのが勿体なく、ゴミ箱に貼付けて使うことに。コレはこれでエエ感じに残すことができました。
a0164160_21564552.jpg

[PR]
by G-130 | 2013-08-07 22:16 | Sign
最近iphone&ipadのゲームにハマっているんですが、なかでも最高に楽しいゲームがコチラ。
a0164160_0365319.jpg
captain-gamesさんの「Realistic Summer Sports Simulator」というスポーツ競技のゲームなのですが、タイトルのドット画でワクワクしてしまう方には直球ド真ん中なゲームかと思います。

全15種類の競技が楽しめるのですが、ピクトグラムだけでどんな競技か一目で伝わるところがスバラシイですね。端末の言語環境からプレーヤーの国籍を自動セレクトしているようです。

開会式でつまずいたまま階段をスベリ上がって聖火を灯すランナー。
スタート直後から笑いが込み上げてきます。
a0164160_0381298.jpg
シンプルが基本のメイン画面
3Dポリゴンやらテクスチャーなど、まやかしは一切無し!
イケメン選手もセクシーなお姉ちゃんも一切無し!


正々堂々としたドット画はとても清々しく
真のスポーツゲームとはこうあるべき!ですね…。
a0164160_0393822.jpg

操作は全て指一本のタップのみで出来るとても素晴らしい仕様なのですが、独自の操作方法に加えて重力の設定も何やら怪しく、プレイヤーの挙動もどこか不安定でつかみ所が難しい辺りがこのゲームのハードルをやや押し上げているようです。(慣れてくると操作がイイ感じに思えて何となく上達した感を感じさせるあたりがウマイですね)

ツッコミどころ満載のシンプルすぎる画面ですが、ここまでくるとアートのようにも思えてきます…。
a0164160_04289.jpg
各試合の後にインサートされる表彰式
1位、2位をワケの分からないモノにかっさらわれた敗北感に思わず笑ろてしまいます。
(魚はともかく、馬に銀メダルを奪われるとは…とても競水とは思えん…。)
a0164160_042526.jpg

最近の実写とCGの区別がつかないぐらい超リアルでカッコイイゲームとは「全く別次元のトンデモゲーム」ですが、「インテレビジョン」や「ぴゅう太」を思い起こさせる「ドット画」こそがゲームのキホンであり、余計な情報を一切排除した真剣勝負を体験できるオモシロスバラシイゲームと思います!

ベタ褒め過ぎてステマ臭が漂っている気がしなくもないですが(笑)
懐かしくも新しいレトロ感に浸れる本当にステキなゲームですよ。

オフィシャルのトレーラーもステキ過ぎ!このノリ!センス!
全てがサイコーの10点満点ですね!
[PR]
by g-130 | 2013-05-29 01:04 | others
以前から気になっていた「100YEN The Japanese Arcade Experience」のDVDが届いたので、早速観ました。
a0164160_0495918.jpg
アーケードゲームの歴史を紐解きながらプロゲーマーのコメントや海外ゲーマーから観たアーケードゲームを取り巻く文化の違いなど、日本独特の進化を繰り返してきたアーケードゲームを紹介した映画でとても面白い内容でした。



なかでも、ゲーマーの方々が100円に掛ける想いが「相当なモノ」という事がとても伝わってきました。

ワタクシも昔から相当ゲームが好きでしたので、同じような気持ちを感じました。確かにゲームセンター(当時はアミューズメントなんてカッコエエ表現は知りませんでした)全盛期のあの頃の100円は1枚の重みが違ように思います。

昔はゲームセンターも「暗くてキケンでヤバい」トコロでしたので、田舎モンのワタクシは近所の駄菓子屋さんやおもちゃ屋さんの店先でしょっちゅうゲームをしておりました。

狭い店内の天井まで積み上げられたプラモやラジコンの箱、カギ付き陳列ケースに並んだLSIゲーム。山積みの駄菓子。店先には段ボールの日よけを被った型落ちのゲーム筐体…。
当時はそういったお店に通ってゲームばっかりやってましたね。
(学校帰りにおもちゃ屋に集まって駄菓子食ってゲームしている時点で完全アウトなんですが…汗;)

100円あったら、うまい棒にモロッコヨーグル、ココアシガレットに棒カステラが買えたあの頃…。
僅かな小遣いを投じての1プレイはとても貴重なモノでした…。

なかなか上達せず、人のプレイを延々眺めていた時もありましたが、そういう時はギャラリーに徹して「先の面を観れるかも!」と期待してみたり、BGMに聞き惚れたりと、とにかく楽しくて仕方なかった。
同じ場所、同じ瞬間を同じ仲間と共有していた事がアーケードゲームの魅力だったのかもしれませんね。

今では家で普通にTVゲームやポータブルゲーム機があり、スマフォでいつでもどこでも手軽にゲームが楽しめるのが当たり前。
ゲームオーバーしても1クリックで何度でも繰り返しプレイでき、手軽にリスタートできる事が当たり前ですから、1プレイに対するありがたみを殆ど感じなくなってしまったように思います。
a0164160_11335.jpg

100YENを観て改めて100円のありがたみを再認識しましたね。
ちょっと、コレカウも控えよ……。
[PR]
by g-130 | 2013-05-23 01:04 | others

Vault-Boy   

ここ数年で最もハマったTVゲームのひとつFallout 3のマスコットキャラ
Vault-BoyのBubbleheadです。
a0164160_23202822.jpg
このBubbleheadはゲーム本編にもコレクションアイテムとして出てくるのですが、ジャンプスーツの背中にはちゃんと101も入っていて、ゲームに出てくる人形そのまま再現されております。
a0164160_23203817.jpg
こうしたゲーム関連のグッズは集めだすとキリがありませんので、どちらかというと避けてきたのですが「Falloutシリーズ」だけはちょっと特別でして、長年TVゲーム好きのワタクシにとって確実に1位か2位どちらかに入る最高にお気に入りの作品なので、ついグッズを集めたくなってしまいます。

続編にあたるFallout New Vegasの販促用ネオンサインとかも、、。
a0164160_23234447.jpg
a0164160_23263494.jpg
錆び付いたネジのヤレ具合もエエ感じです。

背面にネオン管が設置されていて、ロゴに空いたパンチメタルの隙間から光が漏れるようになっています。ただ、漏れる光が少ないのでどちらかというと間接照明のような感じですね。
a0164160_23254994.jpg

Fallout 3のTrailer(一部ゴア表現アリなのでご注意)


とにかくここまでハマッたゲームは今までありません、、、。

古き良きアメリカと核戦争後の未来が交錯する世界観、広大なマップ、ゲームバランス、シナリオ、曲、全てにおいてパーフェクトと思います。

実はこのFalloutを無事クリアして終わらせた時に、思い切ってTVゲームを断つべくゲーム機本体やソフトなどキレイサッパリ全て処分しました、、。
別にゲームが嫌いとか疲れるとかではなく、単にFalloutを超えるゲームは当面無いだろうと思ったので、、。で、グッズだけはゲームをやり込んだ記憶と共に手元に残してあるのです。
a0164160_2330430.jpg

ゲーム機処分から2年。
また続編とか出たら気になるやろなぁ、、などとチョット後悔しております。
[PR]
by g-130 | 2012-12-07 23:37 | others
ipadの周辺機器で以前からウワサになっていたガジェット「iCade」をコレカウしたので早速使ってみました!
a0164160_0234691.jpg
iCadeはipad用の入力デバイス(ゲームコントローラ)なんですが、初めて見た瞬間に無条件でグッ!ときました。アーケードゲームの筐体をモチーフにした本体には十字レバーとボタンを備えていて小型ながらもしっかりしている感じ。
レトロ感あるデザインも昔のアップライト筐体っぽくて非常にイイですねぇー。

駄菓子屋の店先で段ボールのひさしで太陽光を遮りながら夢中になってゲームしてた頃を思い出します。ムーンクレスタ、キング&バルーン、スクランブル、トランキライザーガン、etc、あーゲームばっかやってたなー。
そんなオッサンゲーマーのワタクシにとっては、直球ド真ん中なアイテムです。

ゲーム機のパッケージの場合、主にファミリー写真を使うと思うのですが、あえてキッズを載せていないあたりは、オトナ向けだからクールに!といった配慮でしょうかねぇ。(単にターゲットがオッサンゲーマー向けなだけかも、、。)
a0164160_0265750.jpg

筐体を覆うボードとコントローラユニットなど、パーツが少ないので組み立てはめちゃくちゃカンタンです。
a0164160_0272060.jpg

コントローラとipadはbluetoothで接続しますので、本体電源も単三電池2本と省電力設計。また本体底面に四角い穴があいていて、ここからipadの充電USBを通す事が出来ます。
a0164160_0275763.jpg

本体上フタを開けて、そのままipadを立てかけるだけのシンプル構造。
本体ヨコ置き用の溝もありますので便利良さげです。
a0164160_028435.jpg

本体起動時にはインサートコインの表示が付きます。
こういう細かい演出好きやわぁ。
a0164160_0294357.jpg

十字レバーの感度もなかなかイイ感じ!メインボタン6つに、プレイヤーセレクト用が2つとボタンが多いあたり、色々な汎用性が考慮されてるように思います。格ゲーとかも十分イケそうです。
a0164160_0315080.jpg

今のところAPPストアで販売されているATARI Greatest HitsがiCadeに対応しており、ATARIの名作アーケードとATARI2600のソフトが約100本近く収録されてます。
a0164160_0324127.jpg
まさかipadで、しかもミニサイズのアーケード筐体でTEMPESTが出来る日が来るとは思いもしませんでした。他にも対応アプリが増えてくれる事に期待します!

PCの横にデーンとたたずむicade様、も1回、も1回、あと1回だけ!思わずやり込んでしまいキリが無いです。
a0164160_03383.jpg

ぐぐぐっ仕事が全く進まぬワ、、、。
[PR]
by g-130 | 2011-08-12 00:40 | others
夕飯食べながらTV観ているとCMで何やら懐かしい光景が、、。

黄色のファミコンのカセットを取り出したと思いきや、接続端子のホコリをふーっと吹き飛ばし、おもむろにセット、電源を入れるとTVから独特のノイズ音が微かに聞こえる、、。
あぁそうそう、この感じこの感じ、、。



思わず見とれてしまいましたが、今日(もう昨日だw)9月13日は任天堂スーパーマリオブラザーズの発売からちょうど25周年だったんですね。
世代のツボをついたCMにグっと来た人も多いのではないでしょうか。

a0164160_232748.jpgあの頃は家でTVゲームが出来るというだけで幸せでした。
カセットも高くてなかなか買えず、誕生日かクリスマスなど何か特別な日に買ってもらう事ぐらい。
なので、友達同士で違うソフトを買ってはお互い貸し借りしたものです。
誰かが新作ソフトを買ったと聞くと、その子の家に大勢で押し掛けて必死になってゲームして家の人に怒られるぐらい遅くまで遊んだり。(今思うとめっちゃ迷惑なやつだ008.gif

いやー何とも懐かしいですねぇ~。

a0164160_242182.jpgワタクシも幼少期から今に至るまで、色んなモノにハマリ続けてきましたが、TVゲームほどハマったモノはありません。
今でこそ、アメリカ雑貨とかに夢中になってますが、10年前ぐらいまではもうヤバいぐらいTVゲームにどっぷり浸かってました。
ファミコンからスーパーファミコン、メガドライブ&メガCDにプレステ1&2、セガサターンにドリキャス、3DOからワケの分からないハードまで、とにかく異常でした、、。

当時集めていたソフトやハードは殆ど全て処分してしまいましたが、初めて遊んだゲームソフトやお気に入りのソフトは少しだけ残してます。

なかにはこんな迷作も(笑)
a0164160_245089.jpg

あれから25年、、。常に時代の少し先を走り続けているマリオというキャラクターのスゴさを改めて実感しました。

最近は忙しくてTVゲームをする時間もなかなかありませんが、wiiとPS3とXBOX360をTVに繋ぎっぱなしのワタクシは、25年間まったく進化してませんね~(笑)
[PR]
by g-130 | 2010-09-14 02:10 | others

記事ランキング

タグ

Twitterやってます

その他のジャンル