「コレ買う!」と思わず衝動買いした こだわりモノ&変なモノ?だらけの散財日記です。


by G-130

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

外部リンク

検索

以前の記事

画像一覧

ファン

ブログジャンル

<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

一度ハマると抜け出せないぐらいトンがったレトロ&ドットなゲームをリリースしているcaptain-gamesさんの新作ゲーム「No Brakes Valet」を購入したので早速プレイ!

毎回買って良かったんやろか?と不安になってしまうグデグデなタイトル画…。
このテイストが魅力ではあるのですが(^^;)
a0164160_1022280.jpg
「No Brakes Valet」というタイトルからはいまいちピン!とこないのですが、メインゲーム画面は真上から見た駐車場になっていて、クラクションを鳴らしながら猛スピードで走り込んでくる車をブレーキとハンドルをコントロールして駐車スペースに止めていくというモノ。

駐車するだけの非常にシンプルなゲームなのですが、
この車には「アクセルが無い!」という致命的な問題が(笑)
アクセルが無いという事は加速も出来ないし、当然バックで切返しも出来ません。画面外から突っ込んでくる車をブレーキで減速させつつ、ひたすらハンドルだけでキレイに車庫入れするとチップが貰えるというトンデもルールなのです。(ブレーキが全く使えない車もあったりハラハラさせられます)
a0164160_10243369.jpg

最初は車のコントロールに慣れず、全くゲームにならなかったのですが何度かプレイすると自然と慣れてきます。画面下の2つの入り口からランダムに車が入ってくるのですが、画面一番奥から駐車していくのが良いようです。あとは「運しだい」ですね。
a0164160_1025141.jpg

駐車の仕方も結構シビアで枠に対して斜めだったりはみ出していると減点になったり、VIPカー用の駐車スペースや駐車禁止のスペースもあったりと瞬時の判断力が試されます。
a0164160_10251075.jpg

車の種類もなかなか曲者ぞろいで、小回りのきく軽自動車から安定したハンドリングの乗用車。ハンドルの軽いスポーツカー、ボートを牽引したレジャーカーや燃料を積んだタンカー。ゲーセンの電気ゴーカート?やニワトリ運搬車(ニワトリ一羽づつにアタリ判定があって厄介)
車を追い回すトナカイ???等々…味のあるドット画は眺めているだけで楽しい。
a0164160_10254797.jpg

ゲーム初めは駐車スペースも多くてラクラクなんですが、後半になるにつれスペースが少なくなり精度の高いブレーキ&ハンドルさばきが要求されます。
あと数台で終了という時にブレーキの効かないタンカーなんぞ出てきた時にはオロオロしてまいます。
避けきれず爆発=周辺の車も巻き込んでズレまくり(泣)
a0164160_10253778.jpg

一度ペースが狂うとスクラップヤードのように…(汗;)
a0164160_1027239.jpg

ゲーム画面もあり得ないぐらい傾いたりともうメチャクチャ…。
a0164160_10273396.jpg

でも、運が良ければコレぐらいビシッ!とキマる事も
a0164160_1027636.jpg

以前ご紹介したトンデモスポーツ選手権もそうですが、やればやるほど上達している(その気になる)ゲームバランスは流石です。

絶妙なゲームバランスにレトロなドット画、あり得ない演出等々…。
かなり中毒性が高く最高にイカれたイカしたゲームをリリースしているcaptain-gamesさんはコレからも目が離せません〜(^^b)
[PR]
by g-130 | 2014-01-26 10:42 | game
小学生のころ毎週楽しみに観ていた洋画番組。
外国映画というのは未だ見ぬオトナの世界を覗いたようにカッコ良く映るもので、かなり美化されて記憶の奥深くに仕舞い込んでいたりします。

オッサンになって改めて観てみると当時理解出来なかったシナリオや演技の素晴らしさに感動する作品もあれば「ええぇぇこんな映画やった???」なんてのも…。
以前ご紹介したメガフォースバトルトラックなどどちらも良く似た記憶しか無く、1本の映画と思っていたら全く別々の映画やったり(^^;)

そうした遠〜い記憶を頼りに古い映画を探すのが好きで、レンタルビデオや中古ビデオショップをハシゴした時期もありました。
最近はDVDやBDで懐かしい洋画がリリースされているので、かなりの確率で作品を発見出来るようになりましたが、マイナーな映画の場合リリースされている可能性も低く見つける事は難しいです。

もう20年ぐらい前からタイトルも分からない映画があって曖昧な記憶を頼りに探しまわりました。
○警察がストライキを起こしていて機能していない
○夜のシーンが多く暗い建物の出入りが多い
○登場人物は少ない
○何らかの理由でアパートの住民が立て篭る
○部屋にトラップを仕掛けて悪者と応戦

この曖昧な記憶を基にインターネッツで探しまわったところ、同じように探していらっしゃる方も多いようでタイトルが分かりました!!!

SELF DEFENSEもしくはSIEGE (邦題は「反撃」)
1982年のカナダ映画のようで、日曜洋画劇場で「真夜中の処刑ゲーム」というタイトルで放映されたようです。
淀川さんが取り上げた映画なのできっと有名どころなんだろうと思っていたのですが、いざビデオを探すと全然見つからないー(泣)レンタル落ちのVHSですら売切れとか…どんだけ人気があるのやら。

で、散々探して海外のカルト映画専門ショップにてようやく見つけました!
a0164160_015818.jpg

詰め寄る脅威に立ち向かう男女。年代を感じるイラストがスバラシイ!
FIGHT CRIME. SHOOT BACK!のキャッチフレーズといいまさに「反撃」といった感じですが、本編とは随分違うような…ヒロインの立ち姿とかもう…。
a0164160_03953.jpg
肝心の内容ですが、古い映画かつ夜の暗いシーンが大半なので、映像が分かり難いところも多いのですが、ストーリー、演出など良く考えられていて映画として楽しみながら視聴する事ができました。

見る人によっては全くアカン作品かも知れませんが、私はかなり好きですね(^^)
是非デジタルリマスターして日本語テロップ入れて正式に販売して欲しいところです。
[PR]
by G-130 | 2014-01-19 00:09 | Cinema
今日から仕事初めでしたが、休みが続くと中々エンジンがかかりません。
年賀状の整理〜仕事の手配など事務作業で1日終っちゃった感じイカンなぁ…。

こんな時はブログ書いてモチベーションアゲて明日から頑張ろう!
ウンそれがエエ!(笑)という事で新しいアイテムをご紹介♪

FalloutやElder ScrollsシリーズでおなじみのBethesdaソフトウエアのオンラインストアThe Bethesda Storeで注文していたVault Boyのボブルヘッドが届いたので開けてみる。
a0164160_1981239.jpg
ゲーム内でのボブルヘッドと同じくスキル毎にポーズが違うあたり、コレクション性の高い非常にキケンなアイテムと言えそうです。

Lock Pickのボックスアート。
Falloutの世界を感じさせる擦れ&汚れっぷりがイイですね!
a0164160_1910131.jpg

ENERGY WEAPONS と PERCEPTION
a0164160_19112124.jpg

Strength と Melee Weapons
a0164160_19113547.jpg

Repair と Endurance
a0164160_19114926.jpg

今回の7種類はシリーズ1らしいので、もしかするとシリーズ2、3と続くのかも??
あまりリリースされると集めるのが大変なのでホドホドにして頂きたいところですが、並べるとカッコエエ感じなので、つい集めてしまいそう(汗;)
a0164160_19115441.jpg
a0164160_1912931.jpg

送料をかけるついでに同時注文したTシャツ…。
青い…青すぎる…。というかオッサンにはちょっと派手過ぎたので、パジャマにしましょうかねぇ(^^;)
a0164160_19115428.jpg

[PR]
by G-130 | 2014-01-06 19:20 | Figure
新年あけましておめでとうございます。
今年もユルーく思いつくまま書いてまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ということで、正月早々ワケ分かんないアイテムをご紹介〜♪
アーティストSket-One(スケット-ワン)の作品で一見ウサギのような???何ともフシギ可愛いフィギュア。
a0164160_20364397.jpg

片方の耳にはどこか見覚えのある赤いキャップが…。
これ、キッコーマン醤油の瓶をモチーフにしたフィギュアでその名も
「キッコースケット(笑)」

芸術玩具(オブジェモチャ)のお店「留之助商店」さんにて予約販売されているのを拝見して、気がついたらポチっておりました…。

ホンモノのガラス瓶にも見えるボディは全て透明のレジンで出来ていて、醤油が満たされている部分も着色されたレジンで出来ております。
a0164160_2325084.jpg

一つずつ手作りで作られている作品なので、仕上がりにバラツキはあるのでしょうが、ここまで大きなレジンの塊(しかも透明レジン!)にも関わらず、気泡が殆ど入っていないトコロなど非常にスバラシイ出来と思います。
a0164160_23114260.jpg

亀甲マークもイメージを損なわないよう上手にアレンジされてますねぇ。
足の裏にはスケット-ワンのサインも入ってます♪
a0164160_2313474.jpg

この赤キャップですが、ホンモノのキッコーマン醤油の瓶のフタを再利用しているそうな…リアルなワケですね。
a0164160_23135873.jpg

フィギュア本体以外の付属品もなかなか洒落が効いてます。
すし巻きに丸箸、醤油皿にサビとガリなど「THE 和食」という感じ。
a0164160_2314921.jpg
アメリカのスーパーですし巻きが売られているのかは分かりませんが、ちゃんと付属品として含まれていたのでスケットさんがどこかで買ってきて同梱しているのでしょうね。(海外ですし巻きを調達している様子を想像すると微笑ましい ^^)袋にはSUSHI ROLLERと記載があるので、スシパーティでカリフォルニアロールとか巻くのかも?

サビとガリもちゃんとレジンで作られていて、食品サンプルのようなスバラシイ仕上がりです。
a0164160_23222910.jpg
ハシを構えた姿がとてもキュートなキッコースケット。
食卓に載っけとくだけで楽しくなります♪
a0164160_23224648.jpg

[PR]
by G-130 | 2014-01-01 14:07 | Figure

記事ランキング

タグ

Twitterやってます

その他のジャンル