「コレ買う!」と思わず衝動買いした こだわりモノ&変なモノ?だらけの散財日記です。


by G-130

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

外部リンク

検索

以前の記事

画像一覧

ファン

ブログジャンル

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

先週はちょっと肌寒い日が続きましたね。
もう10月も後半ですよ、あまりに日が経つのが早い!早すぎる〜 泣;)

秋の夜長にじっくり読書?
イヤイヤ、秋の夜長はじっくりプラモ作ったりしたいところです。
(って、目の前にはお仕事が山積みで、のんきにホビーなんぞしている場合では無いので、そうしたいなぁーと、、。)忙しい時に限ってアレコレしてみたくなりません?コレって現実逃避かも。039.gif

例のコブラ マーキュリーもちょくちょく制作を進めているのですが、なかなか手強く、、。
部品を削り込んでは置き、パテを盛っては置きと放置プレイ化しております。

気が向いた時しか作らないので、かなり難航しておりますがお見せできるカタチになりましたら、また紹介させていただきます。(この調子だと春までかかりそうだ、、。)

という事で、時間のかかるプラモではなく、またもやミニカーをご紹介したいと思います。

数あるミニカーの中でもアメリカ製で最も古いといわれる「Tootsie toy」というブランドがあります。Tootsie toyの創業は何と1901年!!(古すぎ)ファーストモデルが発売されたのが1911年とまさにミニチュアカーの元祖。

本国アメリカではかなり熱心なコレクターが居るようですが、あまりに古いので集めるのも一苦労。そんなマニアックなミニカーTootsie toyの中からお気に入りの1台はコチラ

1948年のGMC GREYHOUND BUSのミニカーです。
a0164160_027236.jpg
この頃のグレイハウンドバスはカッコいいですね。
ギラギラしたステンレスボディーとエアストリームなデザインがシビレます〜
a0164160_030184.jpg
グレイハウンドのロゴを見ていると、バスを乗り継いでアメリカ大陸縦断してといった旅情を想像しますね。

a0164160_0305894.jpg車体裏面にはMADE IN USAとモデル番号が入ってます。
(モデルによっては入っていないモノもあるようです。)





特に注目すべきは足回り。
ミニチュアカーとしてディフォルメされる際、当時のTootsie toyのモデルではタイヤの周りもボディが覆っていて、そこに軸を通してタイヤが固定されています。非常に単純な作りですが、当時はこうした方法でしかタイヤを固定できなかったのかもしれません。
a0164160_0321174.jpg

これって一見不細工なデキなんですが、タイヤ周りが大幅に隠れる事によって、ストリームラインのボディとうまくマッチしていて、ミニカーならではの独特なデザインに仕上がっているところが非常に良いです。

Tootsie toyのように古いミニカーには、何だこりゃ?ボディの形状おかしくね?古くさいよね〜というようなモデルも数多く存在します。

チャチなおもちゃに見えるかもしれませんが、当時のおもちゃならではの表現方法やディフォルメ、アレンジこそが、今では決して作れない(精度良く出来てしまう)ところに最大の魅力があるんだと思います。
a0164160_0352176.jpg

精度の高いスケールモデルカーも良いですが、こうしたデタラメ(良い意味で)なディフォルメを楽しめるのもミニチュアカーの良いところだと思います。
[PR]
by g-130 | 2010-10-25 00:46 | Mini Car
先日に続けてDANBURY MINTのミニカーをもう1台ご紹介。

2001年モデルのコカ・コーラブランドのミニカーで、1953年型シボレーピックアップの荷台にポーラーベアを載せた珍しいモデルです。
a0164160_23552422.jpg
ボンネットからスペアタイヤのカバー、ナンバープレートにホイール等々、ボディの至るトコロにcoca-colaのタンポが入っていてかなりハデハデな印象ですが、やり過ぎてウルサクならないようにギリギリのバランスを保って仕上げているところがスバラシイです。

a0164160_23561787.jpga0164160_23564557.jpg

荷台に敷き詰められた氷の上で「どでーん」っとくつろいでいるシロクマ君。
まるで優勝パレードカーの横綱みたい(笑)
a0164160_00056.jpg


a0164160_23575639.jpg小脇に抱えたコーラのカートンが何ともカワイイ〜!
左手には飲みかけのコーラをしっかり握ってます。




とっても幸せそうなシロクマ君。
この顔を見ていると、こっちまでコカ・コーラを飲みたくなってきますね。
車の出来もさることながら、あり得ないシチュエーションを楽しめるところがミニチュアならではの良さだと思います。
a0164160_003361.jpg

一風変わったコンセプトで妥協無く隅々までコダワリを持って仕上げられた一台。ダンバリーミントのミニカーにはそんな魅力が詰まってます。
[PR]
by g-130 | 2010-10-12 00:10 | Mini Car
数年前、出張先での帰りに時間つぶしにホビーショップに立ち寄った時からずーっと気になっていたミニカーがあります。

その頃はちょうどhotwheelsにどっぷりハマっていた頃で、他のミニカーやスケールモデルなんて全く眼中になかったので、立ち寄った店にhotwheelsを置いてない事が分かるや否や足早に店を出ようと思いました。

で、その時偶然見かけたミニカーがこのトラックです。
a0164160_1265086.jpg
スケールモデルやミニカーに詳しい方ならご存知と思いますが、精巧な作りで有名なDANBURY MINT社のミニカーです。

他社のスケールモデルでも精巧なモノは沢山あるのですが、多くは名車と呼ばれるものだったり、スーパーカーだったりするんですが、DANBURY MINTのリリースするミニカーはどれも個性的なクルマばかり。

そのどれもが精巧な出来映えで、思わず触れてみたい!と思うモノでした。
それまで見た事無いような細かい仕上げ、しかもコカコーラの箱を積んでるって、ワタクシにとってはもう直球ド真ん中です。
(バリエーションでバドワイザーの箱を積んでいるモデルもあるのですが、個人的にはコークの方が好きです。)

その時は出張中という事もあり、さすがに買う事は無かったのですが、
それから2年ぐらいの間、ずーっと気になっていて最近やっと手に入れる事が出来ました。

a0164160_129520.jpgGMCの配達トラックで、1938年頃に実際にコカ・コーラのデリバリートラックとして活躍していたようです。
今までトラックのミニカーって買った事無かったんですが、重量感もあっていいですね。
マル目のヘッドライトがレトロ感を醸し出していてイイ感じです。

a0164160_1313710.jpg長い荷台に積載したコーラのカートンがめちゃくちゃリアルで、この細かさにヤラレてしまった感があります。

a0164160_1321484.jpg
このカートン一箱づつにダース単位でコーラの瓶が入っていて、付属のピンセットを使ってこのカートンを好きなところに積んでいく事が出来ます。
意図的にバランス良く歯抜けになるよう並べていく、このチマチマ感が何ともステキな仕様ですね。

DANBURY MINTのモデルは細部までコダワリ作り込まれた完成度もさることながら、どのメーカもリリースしていないようなモデル(ある意味マニア向け)をリリースするトコロが実にスバラシイ!
a0164160_1332929.jpg
やっぱりね、よそが作らんモノを作るところに強く惹かれますね。

ますます深い方面へ行ってしまいそうですが、DANBURY MINTのミニカーはコカ・コーラ好きでミニカー好きの人には本当にオススメしたい逸品です。
[PR]
by g-130 | 2010-10-06 01:42 | Mini Car

記事ランキング

タグ

Twitterやってます

その他のジャンル